断ることは難しい1 ~一般編~

人から何かを頼まれた時に、きちんと「断る」ことはできますか?
自分が何かを人に頼んだ時、嫌な断り方をされたことはありませんか?

人を大切に、そして自分も大切にする表現である「アサーション」(コミュニケーションスキルの一つ)では、上司からの依頼をきちんと断ることを練習します。
この「断り方」は、意外と難しいのではないでしょうか?

ビジネスシーンで説明するより、とても分かりやすい事例がありましたのでご紹介します。
テレビ番組の「芸能人が喫茶店でいきなりファンに写真を撮られたら、どういう反応をするか」というドッキリ企画で、意外にもとても感動したシーンがありました。

断ることは難しい
ターゲットは10代のタレントAさん。
明るくてハキハキした女の子です。
ドッキリの舞台である、喫茶店に入ってきました。
私は、彼女なら明るくて若いし、仕掛人の撮影攻めにも、きっと「OKで~す」なんて気軽に対応するか、嫌がってスタスタと帰ってしまうかな?と予想していました。



仕掛け人Bさんは、タレントAさんを見つけ、
キャピキャピし、少し離れた席から写真を
撮り始めます。
断ることは難しい



断ることは難しい
タレントAさんが撮影されていることに気づき始めると、さらにヒートアップした仕掛け人Bさんは、自分の席を離れ、なんと彼女の目の前まで行きパシャパシャと写真を撮り続けていました。
タレントAさんは耐え切れず、飲み物を一気に飲み干して席を立ちました。
私は、予想どおり、お店をスタスタと出ていくと思っていました。



しかし、タレントAさんは、仕掛人Bさんの席で立ち止まり、

断ることは難しい

と、仕掛人に伝えました。
そして、その後にこんな言葉を続けました。

断ることは難しい

空気が和らいだ瞬間です。
こんなに若い女の子が、嫌なことを断るときに「私」を主語にして伝え、その後に「相手」を大切に思う譲歩案を提示しています。
私はこのシーンにとても感動し、周りのいろいろな人に伝えています。
これが、自分も相手も大切にする「アサーティブ」な表現なのです。

大切にするって何を?

相手の「意見」と自分の「意見」
相手の「気持ち」と自分の「気持ち」
です。

■ 我慢をして相手の「意見」に同調する ⇒ 自分の「意見」を大切にしていない。
■ 意見が対立して攻撃的になる     ⇒ 相手の「意見」を大切にしていない。

自分と相手が相互に認め合い、双方が相手と自分の「意見」と「気持ち」を大切にすることで、意見を言い合える関係となり、さらに良い「意見」にまとめることができます。
断れない、断り方が分からないという方は、自分の意見を大切にせず、さらには相手「気持ち」も大切にしていないことに着目しましょう。

相手の依頼(希望)を断る時

今回の事例を元に、ドッキリの企画ではなく、普通のタレントAさんとファンBさんという設定で検証していきましょう。

① ファンBさんは好き勝手にタレントAさんの写真を撮っています。

タレントAさんの「意見」をまったく考えていません。

【ファンBさんの行動の理由】

  • 会えたことがうれしい
  • 写真を撮りたい
  • 会ったことの証明が欲しい
  • その写真を自慢したい
断ることは難しい



② それに対して、Aさんは「私はとても嫌な気持ちがしました」と言いました。

「やめてください!」と言った時の場合と比較してみましょう。

断ることは難しい

【ファンBさんの気持ち】

  • 注意された。
  • 非難された。
  • ハッキリ言うわね。
  • ちょっとぐらいいいじゃない。

⇒ 反省につながりにくい



断ることは難しい

【ファンBさんの気持ち】

  • 納得できる理由。
  • 好きなタレントさんを嫌な気持ちにさせてしまった。

⇒ 反省の気持ち



断る理由で、「相手の責任」、「相手に注意・批判」を伝えてしまうと、断られたことだけでも滅入っているのに、気持ちのぶつけどころがなくなり、あなたに対して「恨みつらみ」の感情が芽生えるでしょう。
また、「お店に迷惑だから」、「みんな見ているから」のように「その他の責任」にしてしまうと、ファンBさんが「その他」に対して迷惑をかけているという理由となり、ファンBさんが悪者になってしまいます。
タレントAさんは、「なんでこんなことするんですか?」、「データ消してください」などの 怒りや注意を伝えたのではなく、「自分の気持ち」を「自分の言葉」で伝えたのです。
このように、断る時は、相手が納得できる理由を述べることが大切です。
また、断る理由を伝える時には、「自分の気持ち」を伝えましょう。それには「私」が主語になります。
「自分の気持ち」は自分だけが伝えることのできる唯一無二の理由ですから、相手も相手自身の気持ちに振り替えることができるでしょう。

③ さらに、タレントAさんは「握手だったらいいですよ」と、対応しました。

希望を絶たれたファンBさんの気持ちは晴れません。
そこでタレントAさんは、相手の気持ちを大切にしたのです。

断ることは難しい

断った後に相手の気持ちを思いやったり、相手の希望をくみ取ったりすることは、とても素晴らしい行動です。
是非お手本にしたいですね。

次の、「断ることは難しい2」では、ビジネスシーンを例にしました。
こちらも是非ご覧ください。
→断ることは難しい2 ~ビジネス編~

おまけ

おまけ ~ファンBさんへ~
今回は、タレントAさんの気持ちを考えずに、いきなり撮影してしまったことが一番悪いことですよね。
断る時に、相手が「納得できる理由」が必要なように、お願いするときにも、相手が「納得できる理由」が必要なのです。それを飛び越えて、いきなり写真を撮るのはマナー違反でしたね。
「今日中に田舎に帰るので、記念に写真を撮らせてもらえないかしら?」とか、「家族みんながあなたのファンなの」とか。その理由は絶対に真実でなくてはいけませんが。
「なぜあなたに頼みたいのか」を真摯な気持ちで伝えると、相手は「断る理由」との優先度を考えなおしてくれるようです。あくまでもおまけですが…。
きっと、タレントAさんなら、「じゃあ、お店の外で」と言ってくれますよ!!

■当サイトのコンテンツ無断使用は固くお断りいたします。

4+